2017年振り返り

この記事は公開されてから半年以上経過しています (公開日2017年12月30日)。

もうすぐ2017年が終わるので振り返り。

2017年振り返り

技術力向上系

サービスやプロダクトをより良くするための問題解決力・新しいことを生み出せる力を高める、とか書いていたけど、細かい改善はそれなりに行ったものの、問題解決・改善を目指して取り組んでみた技術要素として大きなものは検証・テスト、仕掛中プロジェクトの中にとどまり、昨年のうちにサービスやプロダクトに取り入れることができたものはなかった。
目立った取り組みとしては Nutanix、DB周り(MySQL 5.7、Percona)、ドメイン駆動設計、Vuls、LXD+ZFSといったあたりかなぁ。

運用スキル向上…というのも今見るとかなり抽象的な目標だったけど、規模は小さいものが多かったけど新しいシステムの設計や構築、既存サービスを含めて全体的な運用、トラブルや障害対応を継続してやってきた。これまた抽象的な表現だけど本やWebを通して点で持っていた知識を実践を通して体系的に理解できるようになったと思う。
あとはISUCONに参加して惨敗して力試しができたのは良かった。

コーディング力向上についてはシェルスクリプトは結構書いたけど、他の言語は初心者レベルを脱せず… Ruby(2.4), Python(v3.X), PHP(7.X) あたりをスポットで書いていた。
GitHubを使う頻度を上げた。

その他としては、ほーんのちょっとだけどOSSへの貢献はできた。

インプット/アウトプット

読書

読んだ本は以下。特にアウトプットはしていないけど今年はやっていきたいと思っている。
技術系の本は読むのに結構時間がかかった。

ブログ

ブログは一応は月2記事(2週に1記事ペース)で書いた。これより短くするのはちょっと辛そう…

勉強会

社外の勉強会やイベントには結構参加した。
多少ブログへアウトプットもした。けど業務に結び付けるのはほとんどできなかった。
来年は人前でしゃべってみたいと思ってる。

まとめ

2018年のことは2018年に書く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です